MENU

車の売却15万円➡38万円、3ステップ

車の所有は維持費がかかるものです。

田舎では車は必需品だったりします。

我が家も複数所有していますが、生活を見直し、

1台売却することにしました。

少しでも高い金額で買い取ってもらいたいという思いから

私が行動したステップを紹介します。

目次

おおよその相場感を掴みつつ決める

ステップ1

「ダイハツ東京AIひかりさん」で相場を掴む

まずはスマホで、

「ダイハツ東京AIひかり」で検索すると

車の年式や走行距離、グレードなど、いくつかの入力項目に従って

項目を埋めていきます。

数項目ほど入力するとおおよその金額が瞬時に表示されます。

ステップ2

地元整備工場に持ち込み査定してもらう

整備工場に車を持ち込み数分ほど待ち、

その場で査定金額を出してもらいます。

市場のデータを元に買い取れる金額が提示されました。

ステップ3

「買取MOTA」に登録する

買取MOTAとはWEBサイトですが

上位3社から連絡を受ける仕組みになっています。

ID、パスワードを決めて登録します。

車の年式や走行距離、グレードなど項目に従って入力します。

また、車の写真も撮って送信します。

私の場合、2社からのみ連絡が入りました。

2社とショートメールにて日程調整しました。

同日の同時刻で2社に自宅に来ていただき

入札方式にて1社に決めました。

ここでは断ることもできますが、

ダイハツ東京AIひかりや、地元整備工場の査定から

なんとなくの相場感を掴んだのでその場で売却を決めました。

「MOTA」とは?

MOTAと提携している買取店や整備工場などが

MOTAのプラットホームを使って車の入札が出来る仕組みです。

一括車買取査定で最大20社が競い合い、

上位3社とやり取りするだけです。

いくつもの買取店とやりとりする必要がないので

楽に比較ができるということです。

いくつもの買取店に足を運ぶ必要もなければ、

通常の車一括査定サイトとも違い、複数の買取店からの

電話の殺到も避けられます。

申し込み翌日の18時以降に概算査定額をWEBにて見ることが出来ます。

また18時以降に上位の買取店からショートメッセージなり

お電話が入ります。

あとは日程調整にて現車確認してもらいます。

納得のいく価格であればその場で売却の手続きという流れです。

辞めておくことも可能です。

15万➡38万円に

今回、車の売却にあたって、

地元整備工場だけで査定してもらっていたら

15万円での買取になっていましたが、

MOTAを通して比較査定し、入札方式で売却のステップを

行ったことで最終的に38万での買取になりました。

何事もそうですが複数で比較することは

とても大切なことだと改めて感じました。

15万が38万になったのは面倒臭がらずに

比較するという行動を起こしただけに過ぎません。

少しでも希望の金額で買い取りを希望するのであれば

MOTAを利用してみることをお勧めします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

挑戦してみたことやわかったこと、いいなと感じたことやモノなど
皆さんにも知ってもらえたらというような情報を少しでも発信できればと思っています。

目次